未来貢献プロジェクト シンポジウム いま。“共に生きる”とは何か? ニューノーマル時代の働き方、生き方を考える

メインイメージ

ニューノーマル時代へと移り変わり、
人の価値観もまた大きく変化した2020年。
あらためて大切にしたい、
「共に生きる」とは何か。
受け入れあい、互いに支えあう社会を、
そしてこれからの生き方を考える時間を
お届けします。

2020.10.31(SAT) 14:00-16:20 予定
実施形態
オンライン シンポジウム

ライブ配信型のシンポジウムです。
オンラインセミナー形式でご参加いただけます。

未来貢献プロジェクト シンポジウムは、好評のうちに終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

あなたのキャリアを見つめる
JCDAオンラインキャリアカウンセリング開催!
2020.11.14(SAT)

基調講演 内田 樹 氏 凱風館館長・神戸女学院大学名誉教授・京都精華大学客員教授・昭和大学理事 「コロナと共に生きる」

内田 樹 氏 松原 卓也 撮影

内田 樹 プロフィール

哲学者・武道家。東京大学文学部仏文科卒。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。著書に「ためらいの倫理学」「寝ながら学べる構造主義」「日本の身体」ほか多数。「私家版・ユダヤ文化論」で小林秀雄賞、「日本辺境論」で新書大賞、著作活動全般に対して伊丹十三賞受賞。近著に「サル化する世界」「街場の親子論」「コロナと生きる」「日本習合論」「コモンの再生」「ポストコロナ期をいきるきみたちへ」など。神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰。 1950(昭和25)年、東京生まれ。

パネルディスカッション 「いま。共に生きるとは何か? ニューノーマル時代の働き方と生き方を考える」

思想家の内田樹さんをはじめとする識者や専門家をお迎えし、企業での取り組みや、これから求められるものについて、
今の時代の働き方・生き方についてディスカッションします。

パネリスト:内田 樹氏、山田 理氏(サイボウズ㈱取締役副社長)、田中 稔哉氏(㈱日本マンパワー取締役)、大原 良夫(日本キャリア開発協会理事長) ファシリテーター:黒木 陽子(日本キャリア開発協会理事)

開催にあたって

人と人とのつながりで、社会はできています。
そんな当たり前のことが問われる、ニューノーマルの時代。
誰もが自分らしい生き方を選び未来を考え、未来に踏み出す、
キャリアカウンセリングとの出会いの場をご用意しました。
人は誰でも、自分はこうありたいというエネルギーを持っています。
キャリアカウンセラーと一緒に、自らを見つめなおすことで、
自分のありたい姿、大切なものが見えてきます。
その気づきは、自分自身の世界を拡げ、
より深く自分と周囲とのつながりを実感しながら
社会に働きかけていくきっかけとなるでしょう。
それは「共に生きる社会」を実現することにもつながります。
みなさまにとって、ここでの時間が、
これからの生き方を見いだす、一助になればと思っています。
ぜひ、体験してみてください。

OUTLINE
開催概要

名称
未来貢献プロジェクト シンポジウム
いま。“共に生きる”とは何か?
ニューノーマル時代の働き方、生き方を考える
開催目的
新型コロナウイルス感染拡大によって、人々の働き方などに変容の動きが見られます。この現状を「キャリア」という観点からとらえ、ひとりひとりが今後の働き方・生き方を自分のこととして考えるきっかけづくりの場をご提供いたします。それを通して、これからの「共に生きる」社会をみなさんと考える場といたします。
開催日
2020年10月31日(土)
14:00-16:20(予定)
実施形態
オンラインで実施。当選者の方には視聴URLをお送りします。特別な準備は必要ありません。
プログラム
・主催者挨拶
・来賓挨拶
・基調講演
・プレゼンテーション
・パネルディスカッション

※詳細内容については、変更となる可能性があります。

定員
3000人
(参加費無料)※応募多数の場合は抽選となります。
主催
特定非営利活動法人日本キャリア開発協会
共催
読売新聞社
後援
厚生労働省、文京区
協力
株式会社日本マンパワー
お問い合わせ
未来貢献プロジェクト〈キャリア〉事務局
03-5577-3047(平日10時-18時)
mirai@cpfine.biz
日本キャリア開発協会20周年

あなたのキャリア見つめる
JCDAオンライン
キャリアカウンセリング
2020.11.14(SAT)

働いたり暮らしていく中で、
あなたが大切にしていることは何でしょうか?
自分自身を見つめなおす1to1セッション

→詳しくはこちら

JCDAから皆さまへ

キャリアカウンセリングを
あたりまえに。

JCDA(日本キャリア開発協会)は設立20年を迎えました。
設立当初から「キャリアカウンセリング機能を社会システムとして具現化する」というビジョンのもと、キャリアカウンセラー資格であるCDA(Career Development Adviser)の養成に取り組み、現在では約2万人の会員を擁するNPO法人であり、国内最大規模のキャリアカウンセラーの専門家団体となりました。この間、有資格者のスキルアップのための研修や国家資格更新講習の実施、登録試験機関として国家資格キャリアコンサルタント試験の実施、さらに全国9支部30以上の地区において会員の自主的な活動など、キャリアカウンセリングに関わる事業に取り組んでまいりました。
キャリアとは、仕事のことだけを指すのではなく、人生そのものを指す言葉です。CDAとの対話を通して、人生をよりよく、豊かにしていただきたい。そういう思いのもと、キャリアカウンセリングの普及に努めています。
人生100年時代と言われます。自分は何を大切に生きていたいのかを考える機会がますます必要とされるようになるでしょう。わたしたちはキャリアカウンセリングという専門性を通して、その人らしい生き方を支援していきたいと考えております。
自分が生きる意味を考え、自分の大切なものに気づくということは、他者が大切にしているものの存在にも意識が向くことにつながります。ともに相手を尊重し、寛容になると、人と人との関係性は豊かなものになることでしょう。そんな共に生きやすい幸せな社会づくりに貢献していきたい。そういう思いを持って、これからも、わたしたちは活動してまいります。

大原 良夫
理事長大原 良夫