目次

それぞれJCDAが戦略的に推進・育成したい分野ですが、A-1は業務、F-0は研修への参加となります。

分類A-1:JCDAが戦略的に推進・育成したい業務に適用され、下記があります。
・JCDA主催キャリメール事業
・JCDA案内の就職フェアのキャリア・ブース担当

分類F-0:JCDAが戦略的に推進・育成したい研修参加で、具体的には下記があります。
・Jカレッジ研修、 JCDA主催シンポジウム
・キャリアガイダンスセミナー、キャリアコンサルティング協議会主催全国大会
(交流会等はF2)参加等

分類E-0:経験代謝のピアトレーニング参加
・モニター会員&その他JCDAプロジェクト参加等