2017/04/04
第17回_指導者候補養成講座(大阪)のご案内

(28KB)

第17回_指導者候補養成講座(大阪)
第17回_指導者候補養成講座(大阪)

【JCDAでは“指導者”を必要としています】

JCDAでは「キャリアカウンセリング機能を社会に普及させる」ことをスローガンとしCDAが専門家として実践力を高め、社会に働きかけることでキャリアカウンセリングが社会に普及すると考えています。その普及のためには、CDAを育成、指導する役割として、SV(スーパーバイザー)や、CDA養成講座のインストラクターを養成することがとても重要だと考えています。

【まずは指導者候補養成講座から】

一方、「CDAインストラクターやSVになることに興味はあるが、今はまだ自信がない」「求められる要件はハードルが高いように思う」「少しずつ技量を高めるようなキャリアパスがほしい」と言ったお声も頂きました。そのようなご要望にお応えして、この度、指導者を目指す方が「指導者としての基礎」を学ぶ講座を実施することになりました。

【3大必須能力を習得】

JCDAはCDAの指導者として必須である要件は、1)経験代謝を軸としたケース概念化能力、2)キャリアカウンセリングの知識・技能、3)自己認識力の3つだと考えています。本講座は、受講者それぞれの個別の課題と照らし合わせながら学べる内容になっています。

【経験から学ぶ力を習得】

指導者になるには、研修への参加だけではなく、受講者の方が日常生活の中で自身の課題を意識し、成長につなげることが欠かせません。そのため、本講座の特徴として、研修とは別に、個別のサポートの機会を設け、「経験から学ぶ力」を身につけ、習慣化する仕組みを取入れることにしました。このプロセスを通じて日々の経験から学び、指導者を目指して頂くことを期待しております。

是非、ご応募をお待ちしております。

■講座の特徴

本講座は、体験から学び、技能を身につけるための「研修」だけでなく、研修を通じた個別のアセスメント結果に基づく「フィードバック」、研修を通じて何を目指していくのかを明確にし、研修での学びを腑に落とすための「キャリアカウンセリング」、指導者としての技能を高める「スーパービジョン」の受講、といった指導者として必要な能力を個別の課題に照らし合わせ、学んでいただきます。

課題の明確化日常場面でのトレーニング

■指導者に必要な技能

指導者に必要な技能は、経験代謝の考え方を軸としてケースを見る力「概念化」の力、トレーニング受講者に対する関わり方「カウンセリング」の力、自身を理解し、客観視する力「自己理解」の3つです。本講座では、この3つの技能を身につけることを目指し、プログラムが構成されています。
 また、指導者としての技能を身につけるということは、自分自身が経験代謝を動かし、自己概念の成長を図る力がつくことにもつながります。プログラムを通じて、自身が経験代謝を通じて成長し、成長の実感を持つことにも焦点を置いてプログラムが構成されています。

指導者に必要な技能

■養成のステップ

Step1  研修への申込
Step2  研修受講
Step3  SV養成、インストラクター養成にチャレンジ

■講師

黒木陽子(全日程担当)

企業内での教育・人事関係を11年間担当、その後退職し4年間の精神科・心療内科での心理カウンセラー勤務を経て独立。(有)ライフ・サポートチーム代表取締役社長、人材育成コンサルタントとして行政・企業・教育分野で活動中。また、組織の顧問CDAという働き方を広げるべく全国を飛び回っている。PF、PFAを経て、CDA養成講座講師、JCDA認定スーパーバイザー。

■スケジュール

集合研修 2017年6月17日(土)・18日(日)
2017年7月22日(土)・23日(日)
2017年10月21日(土)・22日(日)
個別サポート ■キャリアカウンセリング1回目:
6月18日~7月21日の間で調整

■スーパービジョン1・2回目:
7月23日~10月20日の間で調整

■キャリアカウンセリング2回目:
10月23日~11月中旬の間で調整

■集合研修プログラム内容

1日目
10:00








18:00
 1.オリエンテーション
  • 朝の一言・研修の目的・全体の流れ
  • 指導者に必要な能力項目
 2.経験代謝について
  • 講義
 3.印象に残った経験から、自己概念に名前をつける
  • ワークとグループシェア
◆振り返り 
2日目
9:00


17:00
◆朝の一言
 4.クライエント体験・オブザーブ体験からキャリアカウンセリングを体得する
つづき
◆振り返り 
3日目
10:00



18:00
◆朝の一言
 4.つづき
 5.経験代謝について
  • 日常経験と自己概念の関係シートの共有
◆振り返り 
4日目
9:00



17:00
◆朝の一言
 6.ケースで学ぶ(音声・逐語・ロールプレイ)
    1ケースA/B
    2ロールプレイ
 7.学びを成長に変える
    内省とは何か・関わりに現れる専門的経験と個人的経験
◆振り返り 
5日目
10:00



18:00
◆朝の一言
 8.前回までの振り返り
  • SV2回を通じた気づき・CDAとしての課題
 9.心がけを意識してキャリアカウンセリングを実践する
  • ・その場のロールプレイによるスーパービジョン
 
6日目
9:00



17:00
◆朝の一言
 9.心がけを意識してキャリアカウンセリングを実践する
  • ・その場のロールプレイによるスーパービジョン
 10.全体振り返り
 終了 
★プログラムは、変更する場合があります。

■定員・費用

<定員>8名
<会場>大阪※詳細は確定次第、ご案内いたします
<費用>164,600円(税込)
*交通費・食費などは自己負担となります。
*6日間の研修、スーパービジョン、キャリアカウンセリングが費用に含まれます。

■応募期間・〆切り

  • 応募期間:4月4日~4月30日
  • 応募方法:応募を希望する方は、当案内TOPのファイルダウンロードボタンから申込書(Word)をダウンロードし、ご記入の上、下記宛に、お申込ください。
    ◎申し込み先:sidou@j-cda.jp
★定員を超えるお申し込みがあった場合には、先着順にて受付いたします。

[CLOSE]