目次

この度、11月23日(水・祝)に日本対がん協会様と「Working Cancer Survivor’s Day 2022 ~ウェルビーイング~がんをきっかけに”わたし“を生きる」を開催いたします。

毎年11月23日に開催しているこのイベントは、「がんになった経験を社会に生かそう~自分のため、誰かのため~」をキーフレーズに、がんの治療と仕事の両立について、当時者が一緒に考え、そして語り合う場として、毎年多くの皆様にご参加いただいています。

 

今年はイベント第一部にて、基調講演「働く世代のがんとウェルビーイング(島田由香氏)」と、JCDAの治療と仕事の両立支援事業「りぼら」の参加者によるトークセッションをお届けします。続く第二部では、第一部の感想や、ご自身の想いを言葉で伝え合う、グループシェアトークを実施いたします。

お近くにご関心のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお声がけくださいませ。

なお会員の皆様には、後日、イベント第一部の収録映像を公開させていただきます。ご期待くださいませ。

 

<概要>

日時 :2022年11月23日(水・祝) 14:00~16:45

会場  : 国立がん研究センター 、オンライン

テーマ : 一人ひとりが人や社会との様々なつながりの中で、日々を自分らしく心豊かに生きる“ウェルビーイング(生き方・働き方)”について考える

詳細はこちら:https://www.j-cda.jp/event-lp/2022/1123event/

 

以上