CDA会員1万人達成記念大会(仮称)開催に向けて














【大会名称】 JCDA大会5.12 『つながろうCDA つなげよう社会へ』
【テーマ】 ~共に生きる~
【日 時】 2012年5月12日(土)10:00~20:00 <本大会>
2012年5月13日(日)10:00~17:00 <ワークショップ>
【場 所】
東京ビッグサイト 国際会議場 <本大会>
802会議室 <ワークショップ>
【主 催】 特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会
【後 援】 株式会社 日本マンパワー

 【5/12 プログラム】
 <午前の部>10:00~12:30
  ◆基調講演:ノーマン・アムンドソン博士(ブリティッシュコロンビア大学教授)
        「希望(夢)を人生とキャリアに吹き込む」

◆来賓御挨拶:ジョアン・ボールズビー博士(元NCDA 会長)
        「JCDA立ち上げの頃の経緯、目指している事と今後期待する事」

◆来賓御挨拶:ムン・ヒョンナム氏【文 亨男】(韓国労使発展財団事務總長)
        「CDA活動のアジア展開の中で、韓国での協会立ち上げについて」
 <午後の部>14:00~17:30
  CDA会員有志による『つながろうCDA つなげよう社会へ』企画
  ◇CDA活動事例発表
    テーマ:「CDAの”つながり”が大きな力へ」
 
  <事例発表者>
    小板橋 孝雄 キャリアデベロップメント・アドバイザー
    「様々な業界、職業研究を通したネットワークの形成」

    道幸 俊也  OfficeC&M代表
    「大学におけるキャリアカウンセリングの仕組みづくり」

    石井 千枝子 盛岡公共職業安定所 就職支援ナビゲーター
    土橋 由美子 ジョブカフェいわて キャリアカウンセラー
    「岩手県地区会設立までの歩みと”これから”」

  ◇有識者によるCDAの未来像を熱く語るパネルディスカッション
    テーマ:「つなげよう社会へ・CDAの未来像・専門性とは」

  <パネリスト>
    樋口 美雄氏 慶應義塾大学・商学部長
    浅野 浩美氏 厚生労働省・キャリア形成支援室長
    宮城まり子氏 法政大学・キャリアデザイン学部教授、臨床心理士、キャリアセンター長
    三橋 明弘氏 旭化成アミダス株式会社・取締役 企画管理部長
    立野 了嗣  日本キャリア開発協会・理事長

  <コーディネーター>
    上 篤氏   ウエ・コンサルタンツ/ウエ・キャリアカウンセリング研究所代表
 <レセプション>18:00~20:00
  立食形式のパーティ。支部・地区の活動状況の発表などを予定しております。

 【5/13 プログラム】
 <特別ワークショップ> 10:00~17:00
 ノーマン・アムンドソン博士による特別ワークショップ (逐次通訳)
 

「希望(夢)中心のキャリア開発」の中で、ストーリーやメタファーの活用の仕方を学ぼう

アクティブエンゲージメントの基本的な原理についての概説を行なった上で、希望(夢)中心のキャリアー開発アプローチの中で、ストーリーやメタファー(暗喩、比喩)の具体的な使用方法を習得する。

・ キャリアカウンセリング実践の理解を深める
  1) The Favorite Things Activity (好きなもの分析)
  2) The pattern identification exercise (行動パターン認識演習)
  3) Confidence building exercise (自信構築演習)
      -Circle of Strength (強みのサークル)
      -metaphoric card sort activity (メタファーを使ったカード並べ)
  4) Value exploration exercise that uses the metaphor of workplace attraction.
      (職場の魅力に関するメタファーを使った価値発見演習)
・ 講義、討議、デモ、演習により使用方法を体験する。(日本事例20件を提供済み)

 <懇親会> 17:00~18:00






ジョアン・ハリス-ボールズビー博士 / Dr. JoAnn Harris-Bowlsbey


【プロフィール】

・現在米国Kuder社の開発担当執行副社長
・全米キャリア開発協会(NCDA)元会長、最高栄誉賞受賞
・JCDAでも採用された米国CDFカリキュラムのテキスト作成
・DISCOVERの開発者、ACT社の教育テクノロジーセンター長を歴任
・多くのジャーナル論文と著書、アムンドソン博士及びナイルズ博士とアメリカで最も売れている
 二冊のキャリア開発の理論と実践の本をそれぞれ共著





ノーマン・アムンドソン / Dr. Norman E.Amundson

【プロフィール】

カナダ ブリティッシュ・コロンビア大学カウンセリング心理学・教育学部教授
ノーマン・アムンドソン博士は、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学カウンセリング心理学・教育学部の教授。これまで数々のワークショップやセミナーを行っているほか、国内外のさまざまな会議で基調講演者を務めている。著作活動では、創造性、イマジネーション、異文化理解、行動のカウンセリング戦略としての重要性を訴えている。アムンドソン博士はスウェーデンの「ウメオ大学名誉博士号」をはじめ、学術界やカウンセリング業界から、さまざまな賞を受賞。
主要著書
『Active Engagement(アクティブ・エンゲージメント)』(カナダ・カウンセリング協会(CCA)ベストブック賞受賞作品)(書籍)
『The Essential Elements of Career Counseling(キャリアカウンセリングの必須要素)』(書籍)
『The Physics of Living(生きることの物理学)』(書籍)
『Metaphor Making(メタファーのつくり方)』(書籍)
『Hope-Filled Engagement(希望に満ちたエンゲージメント)』 (書籍)
『Career Pathways(キャリア・パスウェイズ)』(ワークブック)
『Career Crossroads(キャリアの十字路)』(ワークブック)
『Guiding Circles(指針となるサークル)』(ワークブック)
『CareerScope(キャリア・スコープ)』(ワークブック)




文亨男 / Dr. Hyung-Nam Moon
労使発展財団 (事務総長、法学博士)
Korea Labor Foundation (Secretary General / Ph.D.)


【プロフィール】
高麗大学校法科大学卒、慶熙大学校経営大学院(経営学修士)、
大田大学校大学院(法学博士)

現在労使発展財団 事務総長、最低賃金委員会 第7代 委員長、
韓国技術教育大学校 第4代総長、韓国産業安全公団 理事長、
労働部 企画管理室長、産業安全局長、労政局長等を経験
日本労働研究機構 招聘研究員、釜山地方 労働庁長、
大田地方 労働庁長を歴任(行政考試 15回)

主要著書
『労働法通覽』、『労働組合法詳解』、『労働争議調停法詳解』、『労働組合・労働争議』、
『労働関係法実務便覧』、『人生成功方程式』、『企業の 労使問題 「現場」が答だ』





小板橋 孝雄(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

◆「様々な業界、職業研究を通したネットワークの形成」

大学卒業後、大手旅行代理店勤務を経て、私立短期大学の就職支援センター・私立大学キャリア支援センター(現職)に勤務。

講座企画運営、学生の就職先となる企業とのパイプづくり、キャリアカウンセリング・コーチング・NLPを取り入れた個別指導などに取り組んでいる。

2001年6月キャリアカウンセラー資格取得。特定非営利活動法人(NPO)日本キャリア開発協会に籍をおき、高校生のキャリアカウンセリング、

キャリア教育プログラムの研究、企画・運営などを行っている。またキャリアカウンセリングのファシリテーター、スーパーバイザー、

JCDA認定PFAとして協会に 所属するカウンセラーのトレーニング支援や研究にも取り組んでいる。





道幸 俊也(OfficeC&M代表)

◆「大学におけるキャリアカウンセリングの仕組みづくり」

総合人材サービスの業界にて、新規顧客開拓の営業と人材開発業務に携わる。
米国(カリフォルニア・シリコンバレー)赴任時は、人材コンサルティングプロジェクトに参加し、米国企業の工場における生産性向上プログラムに従事する。

その後、総合人材サービス事業の経験を活かし、有限会社Office C&Mを設立する。

独立後、故本田勝嗣氏(中小企業診断士基本委員)に師事、「コーチング・メンタリング法」を習得。

本田氏監修によるハンドブック『コーチング・メンタリング法基本編・応用編』(中小企業大学校、複数校にてテキストとして採用)を発刊する。

現在、キャリア開発・自己理解をベースとした、各種研修・講義やキャリアカウンセリングを、大学や民間企業などに提供している。





石井 千枝子(盛岡公共職業安定所 就職支援ナビゲーター)

◆「岩手県地区会設立までの歩みと〝これから〟」

大学卒業後、広告代理店の営業、コンサート制作、広報、アーティストマネージャー、ファンクラブ運営、

社内人材育成、経理、社長・取締役秘書など多業種多職種に携わり、現在は、郷里の岩手県盛岡市の行政機関において職業紹介業務に従事。

・土橋 由美子(ジョブカフェいわて キャリアカウンセラー)


大学卒業後、就職情報誌の編集制作に携わる。その後、添削指導・市町村議会議事録作成の在宅業務、機械メーカーの営業・
販促企画の立案及びツール作成に従事した後、NPO職員を経て、現在は、公的就職支援機関にてキャリアカウンセラーとして勤務。モットーは、「人生は宝探し」。


土橋 由美子(ジョブカフェいわて キャリアカウンセラー)

◆「岩手県地区会設立までの歩みと〝これから〟」

大学卒業後、就職情報誌の編集制作に携わる。その後、添削指導・市町村議会議事録作成の在宅業務、機械メーカーの営業・販促企画の立案及びツール作成に従事した後、NPO職員を経て、現在は、公的就職支援機関にてキャリアカウンセラーとして勤務。モットーは、「人生は宝探し」。






樋口美雄氏 / 慶応義塾大学 商学部長

【プロフィール】
米国コロンビア大学経済学部客員研究員、一橋大学経済学研究所客員教授等を経て、現在 慶應義塾大学商学部教授を務める。専門は労働経済学・計量経済学。 著書も多数出版し、『日本経済と就業行動』では、第34回 日経・経済図書文化賞受賞、『雇用と失業の経済学』では、第42回エコノミスト賞を受賞している。

【コメント】
現在日本の社会を示す言葉に少子高齢化がある。少子はともかく、高齢化は望んだ結果で歓迎すべき。問題はそれにふさわしい社会システムの構築である。 変化の激しい不透明な社会の中で幸福に働き続けられる労働市場の仕組み、その中でのCDAの役割について、一緒に考えて行きたい。





浅野浩美氏 / 厚生労働省 職業能力開発局 キャリア形成支援室長

【プロフィール】
一橋大学社会学部卒。昭和58年労働省入省(心理)。
平成3年全国初の女性専用の公共職業安定所「大阪レディス・ハローワーク」初代所長。 職業安定局雇用政策課広報担当官、群馬県職業安定課長、職業安定局業務指導課中央職業指導官等を経て、 平成15年より雇用・能力開発機構キャリア支援部職業意識啓発推進室長として、若年者職業意識啓発、キャリア・コンサルタントの養成等を担当。 その後、大阪労働局需給調整事業部長、東京労働局需給調整事業部長等を経て、平成23年4月より現職。

【コメント】
昨年度私どもで実施した調査研究によると、キャリア・コンサルタントが力を発揮していくために必要なことは、 「実績」、「ネットワーク」、「継続学習」、「働きかけ」でした。では、具体的にどうすればいいのか、一緒に考えてみませんか。





宮城まり子氏 / 法政大学 キャリアデザイン学部教授 臨床心理士

【プロフィール】
慶應義塾大学文学部心理学科卒業、早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了、 カリフォルニア州立大学大学院カウンセラー教育修士課程キャリアカウンセリングコース研究留学。 臨床心理士として精神科、小児科、心療内科、教育研究所などにてカウンセリングを担当。 並行して産業能率大学経営情報学部助教授、立正大学心理学部臨床心理学科助教授、教授を経て、2008年より法政大学キャリアデザイン学科教授。
専門は、臨床心理学、キャリアカウンセリング、生涯発達心理学、産業心理学。 『キャリアカウンセリング』『キャリアサポート』『心理学を学ぶ人のためのキャリアデザイン』『成功をつかむための自己分析』『産業心理学』『職場のメンタルヘルス』他著書多数。 現在、法政大学キャリアセンター長、産業カウンセリング学会副会長、キャリア教育学会理事、キャリアコンサルティング協議会委員、キャリア・コンサルタント養成講座講師など活動中。

【コメント】
キャリア支援は「幸せな人生の創造」の支援です。「仕事が充実していれば、人生も充実し幸福感を得られる」と言えるでしょう。 そのためには、まずCDA自身が自らのキャリアを絶えず磨き・育てる努力を行うことが何よりも大切です。





三橋明弘氏 / 法政大学 旭化成アミダス株式会社 取締役 企画管理部長

【プロフィール】
1988年4月、旭化成に入社。住宅事業部門(現旭化成ホームズ)の営業から同事業部門人事に転じ、工場地区人事、持株会社人事を経て、 2011年7月より現職にて経営企画管理を担当。採用、人材育成業務の経験からキャリア発達に関心を持ち、2000年に産業カウンセラー、2006年にCDAを取得。 旭化成グループの社内公募人事制度やキャリア研修の立上げに携わる。現在、シニア人材、若年者に対するキャリア支援の企画も検討している。

【コメント】
我々を取り巻く社会、経済環境は急激に変化しており、今後、多くの企業はグローバル競争を生き残るために劇的に戦略転換すると思われます。 そんな環境下のキャリア支援、今後のCDAの役割について、皆さんと考えていきたいと思います。





立野了嗣氏 / 日本キャリア開発協会 理事長

【プロフィール】
日本キャリア開発協会理事長。(株)日本マンパワー顧問。
キャリア・コンサルティング協議会理事。しごと能力研究学会理事。
専門分野は、キャリア開発、キャリアカウンセリング。

【コメント】
労働政策の切り札として始まったキャリアコンサルティングが、教育、産業分野への拡大が期待されています。 震災をきっかけに従来の価値観、文化が問い返されてきました。 このような変化にいかに対応するか、CDAの役割とは何かを皆さんと一緒に考えたいと思います。






上篤氏 / ウエ・コンサルタンツ/ウエ・キャリアカウンセリング研究所 代表

【プロフィール】
セイコーインスツル人事部長、SII教育センター社長、大手前大学キャリアデザイン学科教授を経て現職。 「カウンセリングによる個人の自立と組織の共生」「カウンセリングの理論と実践の融合」をめざし、 キャリア開発・キャリア教育・メンタルヘルスケア・キャリアカウンセリング・心理カウンセリングを実践。上級産業カウンセラー、CDA。

【コメント】
「海が憎い。だけど海は好きだ。しかし船や網そして家族をも亡くしてしまった自分は、これからどのように生きていけばいいんだ!」と嘆く漁師へ、 キャリアカウンセラーはどんな援助ができるのであろうか?今"ライフキャリアへの支援"という視点が求められています。




【お問い合わせ】
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会
JCDA大会事務局
jcda.10000@j-cda.jp








こちらのグループの画面より「グループへの参加を希望」をクリックされますと、
参加ご希望がグループの管理者へ送信されます。
注)参加ご希望を承認設定させていただくまで、数日お時間をいただくことがございます。

facebookへの参加はfacebookへの登録が必要です。
詳しくは
http://www.facebook-japan.com/registration.html
をご参照ください。