PT01 

経験代謝ピアトレーニング

受講対象 CDA会員・キャリア会員限定
実施形態 通学
時間・日数 時間:3時間
定員 20名/ピアファシリテーター1名につき
受講料 無料
内容

ピアトレーニングについて
JCDAでは設立当初よりピアトレーニングを実施してまいりました。2010年からは経験代謝の概念を入れたピアトレーニングを展開し、2013年からは養成講座そのものも経験代謝の概念がベースとなった内容に変更され、その流れを受け、これまでの経験代謝普及のためのプログラムを大幅にリニューアル。
JCDAのピアトレーニングはロールプレイングを中心とした実践的な内容にバージョンアップいたしました。

「経験代謝ピアトレーニング」では、経験代謝の概念から、『経験の再現』を意識したロールプレイングを中心にしたプログラムです。主に『経験の再現』の観点でロールプレイングを振り返ります。
【いまここ】にいるクライエントに焦点を当てて経験を再現し、CDAにとってそのロールプレイングがどのような経験だったかを学びます。

こんな方にお勧め ■「経験代謝」の復習をしたい方
■日頃『経験の再現』を意識したロールプレイングの機会のない方
担当 JCDA認定ピアファシリテーター
特長 ●CDAの関わりを学ぶ機会です。
●『経験の再現』の観点でロールプレイングを振り返ります。
●「経験代謝ピアトレーニング」のロールプレイングでは、CDA役とクライエント役以外にオブザーバーを複数置くことが特徴です。
●ロールプレイは2回のセッションに分けて行います。1回目のセッションと2回目のセッションの間に、複数のオブザーバーからクライエントの経験の再現・自問自答を促すために問いかけたいことを発表し、共有します。
受講者の声
■日頃キャリアカウンセリングの機会がないので、定期的にロープレをすることでスキルの維持ができます。

■無料で何度も受けられるのが魅力。繰り返し自分の関わりの振り返りができる。

■人に焦点を当ててカウンセリングをすることが、頭では分かってもロープレで行うと難しいと痛感します。オブザーブからの意見が参考になり、自分のCDAとしての引き出しが増えるようです。

プログラムの内容

1.オリエンテーション
 ピアファシリテーター自己紹介
 ピアトレーニングの目的説明

2.ピアトレーニングの説明
 ~経験の再現を中心に~

3.代表ロールプレイング(1組)
 代表者2名(CDA役・クライエント役)によるロールプレイング。
 2回のセッションと参加者のフィードバックを通じて、経験の再現、クライ
 エントの自問自答や自己概念の影、意味の出現を体験。

4.グループロールプレイング(2回)
 数人一組でのロールプレイング。参加者はCDA役、クライエント役、オブ
 ザーブ役のどれかを体験。

5.全体ふりかえり
 ロールプレイングでの出来事や体験を共有

更新ポイント 5ポイント
(CDA会員のみ対象)

<JCDA会員の方>
下記ログインID・パスワードをご確認の上、研修申込サイトボタンをクリックしてお進みください


■ログインID→CDA会員番号(CDA含む9文字)
■パスワード→JCDA マイページでログイン頂くパスワード+cda11でログインください。
(例)パスワードが、”aaaaaa”の場合は、"aaaaaacda11"


<当協会会員番号をお持ちでない方(入会申込中の方含む)>
研修申込サイトログイン用IDボタンクリックしてIDをお申込ください

[CLOSE]