目次

【共に生きる社会を目指すために】

JCDAでは、キャリアカウンセリングを通じて、一人ひとりの自己概念の成長が社会の成熟へとつながることを目指しております。そのためにはCDAが、目の前の相談者の方と共に生きることを心がけて働きかけをすることが大切だと考えています。

このようなCDAの育成や指導をする役割として、SV(スーパーバイザー)や、CDA養成講座のインストラクターを養成することがとても重要だと考えています。

【“指導者”を段階的に目指す】

“指導者”に必要な能力を身に着けていただくため、JCDAでは、「指導者候補養成講座」を開催してまいりました。その過程において、「指導者候補養成講座」で学ばれた方々より、同講座で学ぶ内容を、より一層深めたい、とのお声をいただきました。加えて、JCDAとして、スーパーバイザー養成講座やインストラクター養成講座を開催する中で、指導者を目指す方が、ご自身の課題を認識し、課題に合わせて段階的に学ぶことが、必要なのではないか、との観点から、「指導者候補養成講座」を更に深く学ぶための講座として「指導者候補養成講座マスター」を新設することとなりました。

【“ケース概念化”の能力を習得】

JCDAはCDAの指導者として必須である要件を、1)経験代謝を軸としたケース概念化能力、2)キャリアカウンセリングの知識・技能、3)自己認識力の3つだと考えています。その中で、本講座は、1)経験代謝を軸としたケース概念化能力に焦点をあて、逐語録やライブロールプレイ、自分自身の事例などを題材に、より深く学ぶ内容となっています。ケース概念化の能力は、キャリアカウンセリングを実施するときにも、また、キャリアカウンセリングの指導のため、キャリアカウンセラーに関わるときにも、必要不可欠な力です。

本講座で学ぶ内容

本講座は、指導者にとって必要不可欠である「ケース概念化」の能力を、逐語録やライブロールプレイ、自分自身の事例などを題材に、深く学ぶ内容となっています。

指導者に必要な技能

指導者に必要な技能は、経験代謝の考え方を軸としてケースを見る力「概念化」の力、トレーニング受講者に対する関わり方「カウンセリング」の力、自身を理解し、客観視する力「自己理解」の3つです。本講座では、この3つの技能のうち、「概念化」の力に焦点をあてて学べるよう、構成されています。

また、本講座においては、「概念化」の力の他、「カウンセリング」「自己理解」の技能を、ベースとしてお持ちの方を対象としています。

指導者の養成体系図

指導者を目指すためのステップについては、下記をご覧ください。

講師 (JCDA認定スーパーバイザー)

黒木 陽子

企業内での教育・人事関係を11年間担当、その後退職し4年間の精神科・心療内科での心理カウンセラー勤務を経て独立。(有)ライフ・サポートチーム代表取締役社長、人材育成コンサルタントとして行政・企業・教育分野で活動中。また、組織の顧問CDAという働き方を広げるべく全国を飛び回っている。PF、PFAを経て、CDA養成講座講師、JCDA認定スーパーバイザー。

小山 謙一

企業の環境プラント部門で30年間、設計・開発を担当。その間チームメンバーのメンタルヘルスや自己啓発にも関わる。その後CDAとして、大阪府のニートサポートクラブや若者サポートステーションなどで就労に困難を感じている若者の支援を約10年間担当。現在は、大学生や高校生のキャリアカウンセラーとして活動をしている。JCDA認定スーパーバイザー。

※4日目のみ。黒木講師と小山講師2名。

スケジュール

集合研修 2023年4月1日(土)・2日(日)
4月29日(土)・30日(日)
事前課題 1日目まで

◆理論編の視聴

◆自己概念が成長した自分自身の事例について、概念化シート作成

◆自身のキャリアカウンセリング(1時間)の逐語録の作成・提出(※)

3日目まで

◆逐語録(2ケース)を読み概念化シート作成

◆自己概念の成長を簡単な事例で説明する

◆小説やドラマ、映画などの登場人物を題材に、自己概念の成長を概念化の視点で捉える

(※)事前課題の逐語フォーマットは開催案内時に提示します。
60分のキャリアカウンセリングのうち、前半5分の逐語、途中要約、中盤5分の逐語、途中要約、最後5分の逐語、を記入いただきます。
詳細は開催案内時にご案内いたします。

集合研修プログラム内容

1日目
10:00-18:00
◆朝の一言

1.オリエンテーション

・講座の目的

・自己概念の成長とは

2.自己概念が成長した事例を語るワーク
1人~6人目

◆振り返り

2日目
10:00-18:00
◆朝の一言

◆前日の振り返り

2.自己概念が成長した事例を語るワーク
7人~8人目
・自己概念の成長と社会の成熟

3.ライブロールプレイによる概念的理解

◆振り返り

3日目
10:00-18:00
◆朝の一言

◆前回の振り返り

4.人と社会について

5.逐語録の検討

◆振り返り

4日目
10:00-18:00
◆朝の一言

◆前日の振り返り

6.自己概念の成長とは何か、簡単な事例で説明する。

7.キャリアカウンセリングと振り返り
自己概念の成長を促す関りとは

◆振り返り

★プログラムは、変更する場合があります。

定員・費用

<定員>8名

<費用>88,000円(税込)

<会場>オンライン(ZOOM)での開催です

・Zoom講座における受講上のご留意事項、及び推奨環境についてはこちらをご参照ください。項目3・4については、開催案内にて別途ご提示いたします。

応募期間・〆切り

・応募期間:1月27日~2月26日まで ※先着順にて受付

・応募方法:応募を希望する方は、下記URLよりアクセスし、必要事項を子記入の上、確認ボタンをおしてください。

◎申込先: URL https://www.j-cda.jp/regist.php?id=1103