日本キャリア開発協会(JCDA)はキャリアカウンセリングを行う実務家のためのCDA資格認定団体です。
国家資格キャリアコンサルタント更新講習
KC14 技能講習(カウンセリング) ⑭

ケース概念化の視点を習得する

受講対象

キャリアコンサルタント・キャリアコンサルティング、キャリアカウンセリングに関連する資格をお持ちの方※
※CDA、キャリアコンサルティング技能士、または、平成28年3月までに、キャリアコンサルタント試験と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する試験(従前のキャリア・コンサルタント能力評価試験に合格した方及びこれと同等以上の能力を有すると認められる方)
<上記詳細は、下記URLからご確認ください>
http://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/request_keikasochi.html

実施形態 通学講座
時間・日数 時間:7時間 日数:1日
定員 10名
受講料 一般35,560(会員25,400円)
内容

当講習での「概念化」とは、キャリアコンサルタントと相談者のやりとりを 経験代謝の視点で捉えることを指します。
ライブでキャリアカウンセリングを実施し、相談者とキャリアコンサルタントのやりとり について、振り返りを通じて、キャリアコンサルタントとオブザーブそれぞれから 経験代謝の視点で捉えたことを共有していきます。

それぞれのケースを通じて、経験代謝の視点を具体的なやりとりで確認する ことができ、相談者の自己概念の成長を促すために、どう関わればよいか、 というポイントを捉えることを学びます。
また、「概念化」の視点を持つことで、相談者の語りが、経験代謝 サイクルの中でどの段階にいるのか、あるいは、キャリアカウンセリング の中での相談者の変化を経験代謝の視点から捉えやすくなります。

こんな方にお勧め

■技能講習「入門編」「中級編」を受講した方
■キャリアカウンセリングの技量を更に高めたい方
■自身のキャリアカウンセリングに課題を感じている方
■概念化の力を身に着けたい方

講師紹介

黒木陽子

企業内での教育・人事関係を11年間担当、
その後退職し4年間の精神科・心療内科での
心理カウンセラー勤務を経て独立。
2006年(有)ライフ・サポートチーム設立。
キャリアカウンセラーとして行政・企業・教育分野で活動中。
また、組織の顧問CDAという働き方を広げるべく全国を飛び回っている。
PF、PFAを経て、CDA養成講座講師、JCDA認定スーパーバイザー。

特長

■10人という少人数制です
■ライブのキャリアカウンセリングを録音し、再生して聴くことにより、丁寧に学ぶことができます
■なんとなく理解するのではなく、具体的なやりとりを理論に当てはめながら、経験代謝の考え方を学びます
■自己概念の成長とはどのようなことなのか、その場でおこる相談者の心やありようの変化を通じて学びます。

更新ポイント 14ポイント (CDA会員のみ対象)

プログラム内容

時間 10:00(9:00) - 18:00(17:00)
授業内容

1.オリエンテーション
・朝の一言
・研修のねらい

2.ライブキャリアカウンセリングによる演習
(1)キャリアカウンセリング
(2)振り返り:相談者に焦点を当てる
(3)キャリアカウンセリング
(4)振り返り:ケース概念化の視点で振り返り
(5)ディスカッション
(6)全体振り返り

(1)~(5)を、3回行います

3.振返り
4.習得度確認