KC01 技能講習(カウンセリング)①(入門編)

キャリアカウンセリングのメカニズムと条件

受講対象 キャリアコンサルタント・キャリアコンサルティング、キャリアカウンセリングに関連する資格をお持ちの方※

※CDA、キャリアコンサルティング技能士、または、平成28年3月までに、キャリアコンサルタント試験と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する試験(従前のキャリア・コンサルタント能力評価試験に合格した方及びこれと同等以上の能力を有すると認められる方)
<上記詳細は、下記URLからご確認ください> http://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/request_keikasochi.html
実施形態 通信講座・通学講座
時間・日数 時間:7時間(通信講座:3.5時間 通学講座:3.5時間)・日数(通学のみ):0.5日
定員 20名
受講料 一般10,000円(会員 無料)
内容 ■通信講座<自宅学習>
「キャリアカウンセリング・キャリアコンサルティングとは何か」
(全52ページ)の冊子を読んで、「経験代謝」の理論について学んだ点をレポートにまとめます。
理解をさらに深めるために、課題シートを使用して、自身の事例を理論に基づいて概念化します。(3.5時間)

■通学講座:
学習した理論をもとに、キャリアカウンセリングの代表ロールプレイングと、
グループに分かれたロールプレイングを実施します。
参加者はキャリアコンサルタント役、クライエント役、オブザーブ役のいずれか
の体験を通して、キャリアカウンセリングの本質とは何かを考察します。

自己概念の成長モデルである「経験代謝」の理論を学ぶ入門編の講座。
自宅学習と通学講座での演習を通じて、キャリアカウンセリングのメカニズムと条件を学びます。(3.5時間)


こんな方にお勧め ■キャリアコンサルタントとしての技量を上げたい
■これから実践の場で活動したい、また予定されている方
■キャリアコンサルティングの本質を実感し、現場に活用したい
※初心者から日常実践経験を積まれている方まで、どなたでも受講できます。
講師紹介 ■通学講座担当:講師は講座お申込画面でご確認ください。
※各開催地・各日程により異なります。
特長 ■通信講座※自宅学習
■通学講座※理論を活用したアプローチの体験
受講者の声
■他の方の視点や関わりを見ることで、自分のカウンセリングの癖に
気づくことが出来ました。

■普段カウンセリングの業務ではないため、ロールプレイを複数回経験できる
貴重なトレーニングの場です。
自分のカウンセリングスキルの維持のためにも、これからも定期的に参加します。

■クライエント役をとおして、経験を語ることで自問自答に繋がることが
実感できた。複数のオブザーバーからいくつか問いかけられることで
それまで気がつかなかった自分の思いに向き合えた時間だった。
更新ポイント 14ポイント
(CDA会員のみ対象)

時間 <通学講座プログラム>
13:30~










17:00
1オリエンテーション

2経験代謝の説明・ポイントの確認
★事前学習をふまえて経験代謝の基本的な概念を再確認し、
これから実施するロールプレイングのポイントを解説する。

3代表ロールプレイング(1組)

4グループロールプレイング(各グループ内で2回実施)

5全体振り返り



<JCDA会員の方>
下記ログインID・パスワードをご確認の上、研修申込サイトボタンをクリックしてお進みください


■ログインID→CDA会員番号(CDA含む9文字)
■パスワード→JCDA マイページでログイン頂くパスワード+cda11でログインください。
(例)パスワードが、”aaaaaa”の場合は、"aaaaaacda11"


<当協会会員番号をお持ちでない方(入会申込中の方含む)>
研修申込サイトログイン用IDボタンクリックしてIDをお申込ください

[CLOSE]