HOME > CDA資格認定インデックス >CDA資格認定・CDA入会方法
CDA資格認定

CDA資格認定・CDA入会方法

CDA資格とは

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)資格とは、日本キャリア開発協会(以下、JCDA)が認定しているキャリアカウンセラー資格です。

内容

  1. 1.CDA資格認定の前提条件
  2. 2.CDA認定条件(詳細)
  3. 3.CDA会員入会の流れと入会申込
  4. 4.CDA会員入会時に必要な証明書類一覧表
  5. 5.会員月、年会費支払時期および更新時期について

CDA資格は、「CDA資格認定の前提条件」の①、②どちらかの前提を満たした方が、「CDA会員」としてJCDAに入会することで「CDA」を名乗ることができます。

1.CDA資格認定の前提条件

  • ①JCDAが認定するCDA養成カリキュラムの修了。かつ、国家資格キャリアコンサルタント資格試験の学科試験および実技試験の合格
  • ②上記①以外の条件でキャリアコンサルタント国家資格を取得された方、キャリアコンサルティング技能検定に合格された方(1級、2級)、または平成28年3月以前に標準レベルキャリア・コンサルタント資格を取得された方(JCDAにキャリア会員として登録されている方)であって、JCDAが指定する講座を受講された方。

前提条件の詳細は下記をご覧ください(A~Fで、いずれかを満たした方の入会が可能です)。

2.CDA認定条件(詳細)

2016年4月以降に国家資格キャリアコンサルタント試験に合格された方
(過去に実施された標準レベルキャリア・コンサルタント試験や技能士試験に片合格している方を含みます。)

経過措置にて国家資格に登録された方はD~Fをご参照ください。

区分 養成講座 JCDAが指定する
講座の受講
備考
A CDA資格対応キャリコンサルタント養成講座受講修了 受講不要 CDA会員としての入会資格は、学科または実技試験の合格(日付が新しい方を起点とする)から2年以内です。
B その他、養成講座
受講修了(※1)
①②③を受講
C 未受講(※2) ①②③④を受講
  1. ※1 CDA資格対応キャリコンサルタント養成講座以外の、厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した方
  2. ※2 キャリアコンサルティングに係る実務経験で合格された方です。

2016年3月以前に標準レベルキャリア・コンサルタント取得、
または、キャリアコンサルティング技能士に合格された方
(経過措置対象で国家資格キャリアコンサルタントへ登録申請できる方。)

区分 養成講座 JCDAが指定する
講座の受講
備考
D CDA養成講座受講修了 ①②を受講 CDA以外の標準レベルキャリア・コンサルタント取得の方、または、キャリアコンサルティング技能士の方が対象です。CDA二次試験に合格された方は区分「F」となります。
E その他、養成講座
受講修了(※3)
または未受講(※4)
①②③④を受講
F CDA養成講座受講修了 ②を受講 CDA二次試験に合格された方が対象です。
CDA二次試験の合格日から2年以内にCDA会員として入会しなかった方、または、以前CDA会員だったが退会した方(※5を必ずお読みください)も含みます。
  1. ※3 平成28年3月までに実施されていた標準レベルキャリア・コンサルタント能力評価試験の受験資格である養成講座を修了した方
  2. ※4 キャリアコンサルティングに係る実務経験で合格された方です。
  3. ※5 退会(資格失効)した方で再度CDA会員としての入会をご希望の方については、入会前に審査をいたします。
    (過去に当協会のCDA細則、CDA倫理基準に反する行ないが無く、退会時に未納の年会費がなければ、一定の条件のもと入会を認めていますが、退会時に未納の年会費がある方は、入会時に未納分の会費をお支払頂くことを条件に審査させて頂きます。)
    なお、審査の結果、入会をお断りする場合がありますので、ご了承ください。

3. CDA会員入会の流れと入会申込

STEP1キャリア会員としてJCDAへ入会

CDA認定条件(詳細)」にて区分Aの方は、そのままCDA会員として入会できます。区分B~Fの方については、キャリア会員としてご入会頂くことをお勧めしております。キャリア会員として入会後に、CDA認定条件であるJCDAが指定する講座を無料/割引にて受講頂くことが可能です。キャリア会員についてはこちらをご覧ください。

STEP2CDA会員入会申込(Web)

下記ボタンより入会申込を行って下さい。
必要事項を入力の上、証明書類をアップロード※してください。
必要な証明書類については、下記の「4.CDA会員入会時に必要な証明書類一覧表」をご覧ください。

※証明書類はスキャンしてPDFで添付し、証明写真は画像ファイル(JPEG)で添付してください。添付が難しい方は、入会申込フォームに必要事項(文字のみ)を入力の上、お申込ください。後日、証明書類提出に関するご案内を郵送いたします。

CDA会員 入会申込フォーム

入会申込フォームへ情報を登録後、必ず次のSTEP3まで行って下さい。

STEP3入会金・年会費支払手続き(書類の郵送)

入会金・年会費のお支払は口座振替でお願いしております。
入会申込を頂き次第、口座振替申請書類を郵送いたします。必要事項をご記入の上、JCDAへご返送ください。
(入会申込フォームで「郵送にて証明書類を提出する」を選択した方は、口座振替申請書類と証明書類提出に関するご案内をお送りいたしますので、併せて、JCDAへご返送ください。)

JCDAへ口座振替申請書が到着次第、入会手続きを開始いたします。

会員証・認定証到着

入会手続き開始後、会員証・認定証の発送まで2~4週間かかりますので、予めご了承ください。

4.CDA会員入会時に必要な証明書類一覧表

対象者
(CDA認定条件(詳細)の区分)
必要証明書類
A
  • ・CDA養成カリキュラムの修了証のコピー
  • ・国家資格の学科試験と実技試験の合格証のコピー(※6)
B
  • ・厚労省認定講座の修了証のコピー
  • ・国家資格の学科試験と実技試験の合格証のコピー(※6)
  • ・JCDA講座の受講年月日と講座名(入会時に申告)
C
  • ・国家資格の学科試験と実技試験の合格証のコピー(※6)
  • ・JCDA講座の受講年月日と講座名(入会時に申告)
D
  • ・CDA養成カリキュラムの修了証のコピー
  • ・他民間団体(標準レベルキャリア・コンサルタント )の合格証 または、キャリアコンサルティング技能士の合格証のコピー
  • ・JCDA講座の受講年月日と講座名(入会時に申告)
E
  • ・標準レベルキャリア・コンサルタント 能力評価試験の受験資格である養成講座(2016年3月以前のもの)の修了証のコピー
  • ・他民間団体(標準レベルキャリア・コンサルタント )の合格証 または、キャリアコンサルティング技能士の合格証のコピー
  • ・JCDA講座の受講年月日と講座名(入会時に申告)
F
  • ・JCDA講座の受講年月日と講座名(審査後、入会時に申告)
A~F
共通
  • ・証明写真(カラー3×4cm程度)
    CDA会員証用の写真となります。
  • ・【任意】国家資格試験登録証のコピー
    任意提出です。提出頂いた場合は、CDA資格更新時期を、国家資格の資格更新年月に合せます。提出が無い場合は、入会のタイミングによって4月または10月がCDA資格更新年月となります。
  • ・【その他】(氏名が変わった方のみ)
    上記の提出書類の氏名と、CDA入会申込時の氏名が異なる場合は、同一人物であることを証する書類、『戸籍抄本』、『戸籍の個人事項証明書』、『変更前の氏名を併記した住民票』のいずれか一通(コピー)を証明書類として提出してください。

なお「キャリア会員」の方は、キャリア会員としての入会時に提出した書類は提出の必要がありません。

  1. ※6 過去に実施された標準レベルキャリア・コンサルタント試験や技能士試験に片合格している方は、対応する学科試験または実技試験の合格証のコピーを添付してください。

5.会員月、年会費支払時期および更新時期について

CDA資格は、入会のタイミングにより会員月と年会費の支払時期が決定します。CDA資格更新は5年に一度必要です。国家資格登録証を提出された方は、国家資格の資格更新年月がCDA資格更新時期となります。

入会時提出書類 入会時期 会員月 年会費引落時期
(支払時期)
CDA資格5年目
資格更新
国家資格試験登録証を未提出 10月~3月 4月 4月 (入会から5年毎の)4月
4月~9月 10月 10月 (入会から5年毎の)10月
国家資格試験登録証を提出 10月~3月 4月 4月 国家資格の更新年月と同じ
4月~9月 10月 10月 国家資格の更新年月と同じ
次回から自動的にログイン
特定非営利活動法人 キャリアコンサルティング協議会
ページの先頭へ