日本キャリア開発協会(JCDA)はキャリアカウンセリングを行う実務家のためのCDA資格認定団体です。 English
国家資格キャリアコンサルタント更新講習
KC02 技能講習(カウンセリング) ②(中級編)

キャリアコンサルタントの意図性

受講対象

どなたでも受講できます

実施形態 通学講座
時間・日数 時間:7時間 日数:1日
定員 18名
受講料 一般26,460円(会員 18,900円)
内容

※「キャリアカウンセリングとは何か」の改訂に伴い、2022年9月開催講習より、教材を改定しております。

【これは鉄則ですか?】
□とにかく、気持ちを聴くことが大切だ。
□寄り添って聴けば、自然に解決する。
□まずは、事実や事柄を聞くことだ。
□質問するのはよくない。

上記は、キャリアカウンセリングを学ぶ際に、よく聞くフレーズです。
どれも間違いではありませんが、キャリアカウンセリングの全体像の中の、
ある一部分を取り上げた表現です。
つまり、樹木に例えれば、枝葉の部分です。重要なのは、根幹です。
学ぶ上で大切なことは、「何故そうするのか」という
キャリアカウンセラーの意図やキャリアカウンセリングは何を目指すのか、
というキャリアカウンセラーの役割意識です。

本研修は、キャリアカウンセラーの目的や心がけ・意図性といった
そもそもの大前提に注目します。
キャリアカウンセリングで陥りがちなやりとりが何故起こるのか。
会話の記録と音声によるケースを通じて具体的に学び、ロールプレイにより
個別にフィードバックを受けられます。

※本講習では、キャリアカウンセリングはキャリアコンサルティングと同等の意味で使用しています。

こんな方にお勧め

■組織内の人材教育に携わっている方
■転職や就職支援に携わっている方
■学校や教育現場にいらっしゃる方
■キャリアコンサルタントの資格試験へのチャレンジを考えている方 等

講師紹介

登録講師11名のうち、1名がメイン講師、2名がサブ講師として担当いたします

特長

キャリアカウンセリングで陥りがちなやりとりを、会話の記録と音声によって具体的に学び、
ロールプレイによりフィードバックを受けられます。

受講者の声

■キャリアカウンセリングの原点に立ち返ることができた
■経験代謝や自己概念について理解が深まった
■音声のケースを聞いて、自分の関わりの何が良くないのか明確になった
■相談者役の言葉の表現に注意を払うことが大切であると知った
■「経験の再現」がわかっているようで実践ではなかなか難しいことを実感した
■目からウロコ。今回受講していなかったら同じようなロープレで堂々めぐりしていた気がする
■講師からのフィードバックが非常に参考になった

更新ポイント 14ポイント (CDA会員のみ対象)

プログラム内容

時間 10:00 - 18:00
授業内容

■キャリアカウンセリングの理論

■ケース検討
─音声と逐語を使って

■ロールプレイングの実施と振返り
─6人1グループで

■全体振り返り