日本キャリア開発協会(JCDA)はキャリアカウンセリングを行う実務家のためのCDA資格認定団体です。
国家資格キャリアコンサルタント更新講習
KT01 技能講習(対象者別キャリアコンサルティング) ①

若者支援基礎

受講対象

キャリアコンサルタント・キャリアコンサルティング、キャリアカウンセリングに関連する資格をお持ちの方※

※CDA、キャリアコンサルティング技能士、または、平成28年3月までに、キャリアコンサルタント試験と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する試験(従前のキャリア・コンサルタント能力評価試験に合格した方及びこれと同等以上の能力を有すると認められる方)
<上記詳細は、下記URLからご確認ください>
http://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/request_keikasochi.html

実施形態 通信講座・通学講座
時間・日数 時間:6時間(通信講座:0.5時間、通学講座:5.5時間) 日数:1日
定員 20名
受講料 一般21,980円(会員15,700円)
内容

本講座では多様な若者たちの人生や、支援ケース事例をご覧いただきながら、
若者支援をする上で必要なキャリア形成上の特徴や課題・対応について
講義により把握します。
現在、キャリアコンサルタントとして活動しておられる、おられないにかかわらず、
若者支援の基礎スキルと心構えについて習得します。

こんな方にお勧め

■若者支援について関心のある方
■若者支援の基礎と心構えについて身に着けたい方
■多様な若者支援事例から学び、これからのキャリアコンサルタントに求められるものについて(再)確認したい方

講師紹介

井村良英
キャリアコンサルタント。 不登校・ひきこもりの自立支援施設「淡路プラッツ」、財団法人大阪生涯職業教育振興協会を経て、現在、認定NPO法人育て上げネットおよびたちかわ若者サポートステーションなどで20年以上若者支援の活動を行っている。『中央公論』(2012年8月号)では「日本一ひきこもりを就職させる男」として紹介。近年は少年院や少年鑑別所の退院者、高校、大学などで家族の庇護が受けづらい生徒のキャリア支援の他、様々な自治体の若者支援に関するアドバイザーも長年つとめている。内閣府事業「子ども・若者支援地域協議会体制モデル事業」講師として、全国の自治体職員や教職員等への講演多数。文部科学省ライフプランニング支援推進委員会委員。

特長

■若者支援の現場で必要な技能を、実際のケースを用いての
ケースディスカッションやワークを通じて学ぶ。

受講者の声

■自分一人で解決するのではなく、ネットワークの利用や構築の大切さがわかった。
■非常にわかりやすい説明と具体例が豊富で、若者支援の現場をイメージしやすかった。
■若者支援の現状、また、支援方法を具体的に知ることができた。

更新ポイント 12ポイント (CDA会員のみ対象)

プログラム内容

時間 10:00 - 16:30
授業内容

■若者支援の基礎基本と若者支援力を30倍高める方法
●若者の実情①
●若者支援5原則
●若者支援基礎基本・心構え
●若者支援力を30倍高める方法
~グループワークを通じて~

――― 昼休憩 ―――

■マクロ視点からとらえた若者の実情と若者支援
●若者の実情②
●若者支援の実情
(若者サポートステーションなど社会資源の紹介など)
~ケーススタディ・ケースカンファレンスを通じて~

■現場視点からとらえた若者の実情と若者支援
●10代後半の支援事例(高校生・高校中退)
●20代前半の支援事例(大卒未内定)
● 20代後半の支援事例(不登校・ひきこもり)
●30代前半の支援事例(鬱病・仕事経験なし)
●30代後半の支援事例(ホームレス・生活保護)など
●特徴的な相談事例
<保護者の支援・その他の支援>