日本キャリア開発協会(JCDA)はキャリアカウンセリングを行う実務家のためのCDA資格認定団体です。
指導者を目指すための研修
SV01

JCDA認定スーパーバイザー養成講座

受講対象

CDA会員限定

実施形態 通学講座・通信講座(自宅学習・実習あり)
時間・日数 期間:1年間 日数:集合研修12日 他実習、自宅学習等
定員 10名
受講料 会員397,000円(受験料別途)
主旨

スーパーバイザーとは、キャリアカウンセラーが、専門家として効果的な
支援ができるよう、指導者として、また支援者としての役割を担う専門家のこと
を指します。
本講座は、国際提携機関である、NCDA全米キャリア開発協会
(National Career Development Association:NCDA)の協力により
開発し、米国及び日本にてトライアルコース実施を経て日本での認定をJCDAが
行うことになりました。本講座を修了された方には、NCDAの修了証が
発行されます。尚、講座の最終日の試験を合格された方には、
「JCDA認定スーパーバイザー」の資格が発行されます。
JCDA認定スーパーバイザーには、各地区における会員に対する
スーパービジョンの他、指導者や評価者として、ご活躍いただくことを
期待しております。

研修概要

1.集合研修 12日間
<会場>JCDA事務所内会議室(水天宮前)

2.SV実習及び自宅学習課題
1)実習
・逐語記録を見て、スーパービジョンの準備を行う、及び、キャリアカウ
ンセリング及びスーパービジョンを受講者同士やCDA会員の方を対象に
行っていただく実習があります。(約半年の間でキャリアカウンセ
リング月2回、スーパービジョン月1回)
2)SV実習後のフィードバック
・実習ついて、ご自身で振り返り、フィードバックを受けていただきます
・受講期間の中間地点で、能力評価基準に照らした到達度合いに関する
フィードバックを受けていただきます
3)グループ学習
・受講者同士グループを作り、講座の振り返りや特定のテーマについて
ディスカッションや発表を行っていただきます
3)課題(課題図書を読み、レポート作成及び論文作成)

応募者要件

■講座に参加するためには、下記の応募要件を満たす必要があります。
1)実務経験(相談場面及びそれ相当の経験)を2年以上
2)スーパービジョン及びそれ相当の指導を受けた経験
3)経験代謝を使ったプログラム受講の経験(※)

※3)については、下記の受講経験が該当します。
・指導者候補養成講座
・CDA養成講座(第31回以降)
・経験代謝ピアトレーニング
・技能講習(カウンセリング)①(入門編)キャリアカウンセリングの
メカニズムと条件
・技能講習(カウンセリング)③(応用編)クライエント体験による
ケース概念化
(旧:キャリアカウンセリング・トレーニング【体得編】)
・キャリアカウンセリング・トレーニング【習得編】
・プレミアムセミナー
・技能講習(カウンセリング)②(中級編)キャリアコンサルタントの
意図性    (旧:あ!これがキャリアカウンセリングなんだ)
・Jカレッジ第6期生以降
(キャリアカウンセリングトレーニング合宿受講者)
・CDAインストラクター養成講座(第12回大阪以降)
・ピアファシリテーター養成講座(第5期以降)

養成講座の申込から 認定までの流れ

【第1ステップ】書類選考
(提出書類)
1.スーパーバイザー養成講座書類選考申込書
2.職務経歴書

【第2ステップ】オーディション(ロールプレイング実習)
・第1ステップを通過した方を対象に実施します
・オーディションは2時間程度です

【第3ステップ】スーパーバイザー養成講座受講
・第2ステップを通過した方を対象に、12日間の集合研修、
及びSV実習と振り返り、自宅学習を通じて、スーパーバイザーとして
必要な技能を身につけていただきます。

【第4ステップ】最終試験
・スーパービジョンのロールプレイと面接

【第5ステップ】登録
・最終試験で合格と判断された方には、JCDA認定スーパーバイザー資格
を発行いたします。登録に関する詳細は、別途ご案内いたします。

更新ポイント 100ポイント (CDA会員のみ対象)
<実施時期について>

■JCDA認定スーパーバイザー養成講座は、年1回開催しております。詳しい日程やご案内の準備ができましたら、HPの新着情報及びメール等でご案内させていただきます。