HOME >両立支援キャリアカウンセリング
両立支援キャリアカウンセリング

仕事と治療の両立支援キャリアカウンセリングについて

病気になっても自分らしく充実した職業人生を送りたいと思っているあなたへ

私たちキャリアカウンセラーは、一人ひとりに合った働き方について相談にのり、納得のいく選択と行動をともに考えていく専門職です。
このサイトをご覧になっているみなさんは、病気や治療の影響により、今後の働き方について心配や迷いをお持ちなのではないかと思います。
そうした悩みを気軽に相談できる『30分無料電話相談』をご用意しました。ぜひご活用ください。

キャリアカウンセラーに、どんなことを相談できるの?

あなたは、がん等の病気であると診断され、突然のことで「まさか、私が!?」とショックを受けられたかのではないでしょうか。初めての経験であり、しかも病気の知識も少なく、気持ちはジェットコースターのように一喜一憂して、これからの未来を描きづらい日々を過ごされているかもしれません。そうした中、治療のこと、仕事のこと、生活のこと・・・色々なことを考え、どうするか選択し決断していくことに様々な葛藤があることとお察しいたします。

病気になったことで、仕事において下記のように感じていませんか?

・これからの仕事、どうしよう・・・
・働き続けられる自信がない、どうしよう・・・
・以前と同じように働くことができるのか・・・
・職場や家族に迷惑をかけたくないが、どうすればいいか・・・
・どのタイミングで復職することができそうか・・・
・職場や周囲にどのように伝えればいいか・・・
・なかなか周囲に副作用や後遺症など理解を得られにくい・・・
・働き方や仕事の内容をどう調整すればいいか・・・
・仕事を続けるべきか、辞めるべきか悩む・・・

このようなことを思われたら、キャリアカウンセリングを受けるタイミングと言えるでしょう。
病気になった後もただ生活ができればいい、働ければいいという問題ではなく、この先「いかに働くか」「いかに生きるか」は、その人ならではの答えがあり、治療と両輪で扱うべき大切なテーマです。だからこそ、病気で心身ともに想定外の大きな変化に直面している相談者が、この先の未来に向けてスムーズに再出発できるよう、新たな働き方を考える『準備』に向け、一緒に取り組むパートナーとなります。

キャリアコンサルタントの関わりによって、これまでの職業経験や現在の体調や治療状況から、できること・できないこと、大切にしている思いや考えが客観的に整理されます。そして、心身の変化等と折り合いをつけながら、あなたの望む方向へ、また解決の方向へ納得して動くことができるようサポートしています。また、上記以外にも、仕事に関連して生活のことや人間関係など働き方や生き方における幅広い相談をお受けしております。

(注)治療や薬など医療に関することは、医療専門職ではないため、お答えできないことをご了承ください。

JCDAでは、スキルと経験を持つキャリアコンサルタントがサポートさせて頂きます。

がん等の病気治療をしながら働く、あるいは職場復職を目指す従業員がいらっしゃる企業・団体の皆様へ

この度は、日本キャリア開発協会のキャリアカウンセリングに関心を寄せていただきありがとうございます。現在、私たちの団体もがん等の病気の知識や経験を持ち合わせているキャリアカウンセラーを中心に、治療しながら働き続けられるよう「治療と仕事の両立」を応援しております。

2人に1人ががんになる時代、医療が進歩して働きながら仕事ができる人が増えてきました。病気であっても、従業員が本来の力を発揮できるようになることで、貴重な戦力を維持させることができます。とはいっても、会社でどのように対応、配慮するとよいのか、という相談も多く受けます。

一方の病気になった従業員にとって、「仕事を今後どうするか」、という大切な問題に直面します。しかし、治療で変化していく心身と今後のキャリア(働き方・生き方)についてどう考えていけばいいのか、なかなか答えが見えない状況に先行きが不安になったり、自信をなくすこともあります。さらに、これまで職業人として頑張ってきた自負やプライドもあります。治療によって変わってしまった心身を受け入れるには時間を要する場合があります。こうしたことから、働けるのに、迷惑をかけたくない、期待に応えられなくなる、といった思いから辞めてしまうケースが問題になっております。こうした事態を未然に防ぐため、制度の利用や仕事の調整だけでなく、心とキャリアのサポートが大切になります。

こうした背景から就労の専門家であるキャリアコンサルタントの活用をお勧めしております。どんなに会社として働き続けられるよう配慮したくても、有能な従業員であればあるほど、本音を言いづらい傾向にあります。職場とも家庭とも異なる第三の視点から、一度立ち止まって今後の働き方について考える場は、病気になっても続く職業人生をより豊かなものにする機会にもなります。しかし、患者本人は、病気治療と仕事における様々な選択と決断の連続で、周囲に相談する心の余裕がありません。だからこそ、管理者の立場である皆さまより、こちらの相談窓口をご紹介いただき活用いただくことで、互いのコミュニケーションを加速させることが可能です。手放したくない人材に働き続けてもらうためにも有効に活用いただければ幸いです。

両立支援キャリアカウンセリング申込

相談の流れ

お申し込みは、お住まいの都道府県をクリックし、「お申し込みフォーム」からお願いいたします。お名前とご連絡先、また現在の状況や相談内容をご記入ください。ご都合の良い日程の候補もあわせてお伝えください。

<キャリアカウンセリング時間>

平日 月曜日〜金曜日 10:00開始~19:00終了
1回30分:無料(お一人様1回限りの利用となります)

※相談日時の調整のため、候補日を3日記入願います。
(例:10月3日午前、10月6日夕方、10月10日午後)

※お伺いした内容は、外部に漏れることは絶対にございません。
 どうぞご安心ください。

※キャリアカウンセラーとの日程調整後に折り返しご連絡さしあげます。
(キャリアカウンセラーは常駐でないため、日程調整に1週間ほどかかる場合がございます。ご了承ください。)

申し込みにあたってのご協力とお願い

■ご協力いただきたいこと
治療の状況によって心身さらには仕事への影響はそれぞれ異なり、悩みの種類や程度も一人ひとり違います。30分という時間を有効に活用していただくために、相談内容や状況について、具体的に記入いただけますと助かります。

・対象者:以下の全てを満たしている方になります。
1) がん等の大きな病気を経験された方、これから治療もしくは治療中の患者
2) 働いている方、または、これから働きたい方
3) 相談終了後、3日以内にアンケートにご協力いただける方
※10—15分程度のアンケートになります。
※30分無料相談の目的は、病気になっても自分らしく働き続けられるよう「社会の仕組み」として構築していくことです。その実現に向けて、利用者様の声を集めております。

お申込

お住まいの都道府県をクリックして、申し込みフォームに基本情報と相談内容を記入ください。

次回から自動的にログイン
よくある質問
ページの先頭へ